すべての「いのち」が光り輝くように

世界119の国と地域に広がるYMCAのネットワークを活かして、すべての人々が国、民族、宗教の違いを超え、平和にいきいきと暮らすことができる社会をつくりだすために国際協力、地域奉仕活動を行っています。

すべてのいのちが光り輝くように

image00依然として世界では、貧困、災害、紛争など、困難な生活を強いられている地域があります。神戸YMCA国際協力募金は、アジアを中心としたYMCAの地域奉仕活動や日本のYMCAと現地のYMCAが協力して行う活動、他の民間団体を通じて人々のために用いられます。

  • アジアの農村支援・青少年育成のため
  • アフガン・パレスチナ難民支援
  • 海外からの日本語学習者支援
  • 国内外の国際分野における指導者育成
  • 国内外の災害緊急支援
  • エイズ・プロジェクト
  • 日本YMCA同盟拠出金・事務局経費

アジアの農村支援・青少年育成のために

アジアの草の根の人々とともに生きるために1984年に始まったタイワークキャンプは、これまでにタイ北部7県の農村で託児所や学校施設の整備他を行ってきました。農村ではタイのユースと日本のユースが村の人たちとともに汗を流して活動します。人と人が出会い、語り交じり合うことで絆が深まります。

パレスチナ難民支援のために

パレスチナにあるYMCAでは長引く紛争と占領で負傷した青年のための訓練所、子どもたちの心身のリハビリテーション、ウエルネスプログラムなどを行っています。また平和を願って、オリーブの苗木を植樹する「オリーブキャンペーン」やオリーブ収穫プログラムを実施しています。
神戸YMCAでは、毎年、日本YMCA同盟を通じて、東エルサレムYMCAの活動を支援するために募金を捧げています。また、日本YMCA同盟の呼びかけで2002年に開始されたオリーブの木キャンペーンにも毎年協力し、2011年の神戸YMCA創立125周年の際には、オリーブの木100本分の寄附を行いました。

2015年度神戸YMCA国際協力募金について

2015年度もYMCA国際協力募金にご理解とご協力を賜り、心よりお礼申し上げます。

【支出】 【収入】
日本YMCA同盟拠出金 320,000 一般募金 2,207,150
タイワークキャンプ及びユースボランティア・チェンマイ派遣 702,260 指定募金 779,412
定住外国人子ども奨学金 180,000 2,986,562
国際活動リーダーシップ養成 553,388
神戸YMCA国際奨学金 240,000
オリーブの木/パレスチナ・ガザ支援 78,000
ネパール地震/台湾地震/難民/常総市水害支援 579,412
CODE・PHD協会支援 100,000
開発・国際理解教育 95,000
事務局経費 138,502
2,986,562
これらの活動をささえているのが「国際協力募金」です。
●クレジットカードで申し込む
●郵便局で申し込む
●銀行で申し込む
募金支払い方法の選択募金支払い方法の選択
●クレジットカードで申し込む
個人で
●郵便局で申し込む
個人で
法人で
●銀行で申し込む
個人で
法人で
ログインログイン
ID(メールアドレス)
パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

ログインしていただくと2回目以降のご寄付時に住所等の入力が省略できます。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

メールアドレス


グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。